MARKETING BLOG

スタートアップ必見!「D2C」はEC市場でも注目のビジネスモデルに!

スタートアップ必見!「D2C」はEC市場でも注目のビジネスモデルに!

日本のEC市場は経済産業省発表のデータによると、市場規模が18兆円に迫った現在でも前年比8%で成長しており、今後も益々発展していくことが予想されます。

そんなEC市場の中で、ここ最近新たなビジネスモデル「D2C(Direct-to-Consumer)」が注目を集めています。

今回の記事では、そもそもD2Cとは何なのか?
そしてD2Cを始める際の、成功を収める秘訣を紹介していきたいと思います。

注目されるビジネスモデル「D2C」とは?

皆さんは「D2C」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

D2CとはDirect-to-Consumerの略称で、仲介業者を挟まずに自社の販売チャネルで自社で企画・製造した商品製品を直接販売するビジネスモデルのことです。

アメリカを中心にD2Cの事例は数多くありますが、ここ最近日本でも「単品通販の延長」という形で多くのネットショップがD2Cを採用しています。

D2Cのメリット

D2Cのメリットは大きく分けて以下の3つです。

1.コアなファンを創出することができる。
購入者は商品を購入する際に必ず自社のサイトを訪れるので、そこで自社のブランド思想やビジョンを伝えることが可能となり、商品だけでなくショップそのものに共感をする顧客を創出することができます。

2.顧客のデータが細部まで収集および蓄積することができる。
自社サイトに訪れた人のデータから購買データまで、さまざまなデータを入手することができます。
また、データの入手がリアルタイムで出来ることによって、改善点への対処も素早く行うことができます。

3.仲介業者を挟まないことによりコストカット及び提供スピードの向上を実現できる。
商品を企画、製造、流通させる際に中間業者を挟まないことによって、中間マージンも削減することができ、大きなコストカットとなります。
また、それらの業者を挟まないことにより、新商品を出す際の顧客への提供スピードが向上します。

D2C成功の秘訣

D2Cの成功には先ほど挙げた3つのメリットを十分に活用する必要があります。
メリットを活用する為にやるべきことは、以下の2つです。

1.データ分析
2.Webマーケティング

この2点をやることにより、成功の可能性はグッと高まります。
それではこの2点の活用について、詳しく解説していきます。

D2C成功の秘訣 ~データ分析~

D2Cは直接顧客に商品を販売できることにより、顧客の購買情報のデータを細かい内容まで収集することができる上に、顧客との密接な関係が築けることにより、顧客の要望もダイレクトに届きやすくなります。

それらのデータを分析することによって、顧客のニーズや市場のトレンドに瞬時に対応することが可能となります。

近年市場のトレンドはすさまじいスピードで変化しており、その変化に対応することが成功への絶対条件となります。

データ分析によって他社の製品よりも顧客のニーズに応えた商品価値の高い商品の提供が可能となり、コアな顧客の創出にもつながります。

D2C成功の秘訣 ~Webマーケティング~

D2CのWebマーケティングにおいて、効果的なのがSNSの活用です。

近年のSNSの普及により、SNSで自社製品を紹介することで多くの人に商品を目にしてもらうことが可能となります。

また、SNS上でフォロワーを増やすことによって、1度興味を持ってもらった顧客に対して容易に何度もアプローチすることができるので、新規顧客の取り込みにも、リピーターの取り込みにも活用することができます。

さらに、SNSは利用料がかからないので、低コストで運営できることや、リアルタイムで顧客の声も聞くことができるのでデータ分析にも活用することができるというメリットもあります。

ECサイト・ネットショップの運営代行サービス「fulloutsourcing for fashion」について

GMOメイクショップでは、ECサイト・ネットショップのフルフィルメント運営代行サービス「fulloutsourcing for fashion」を提供しています。
ファッションだけではなく、雑貨、食品、化粧品など、商材は何でも承ることができます。
制作、集客、コンサルティングなど、様々なメニューをご用意しておりますので、お客様に最適化したサービスをご提供致します。
より細かい内容が知りたい方は、ぜひ以下のCONTACTフォームからお問い合わせください。

      

資料請求・お見積り無料!お気軽にお問い合わせください

記事の一覧へ

関連記事