MARKETING BLOG

ネットショップ・ECサイトのSEO対策でmetaタグを設定しよう

ネットショップ・ECサイトのSEO対策でmetaタグを設定しよう

前LESSONの最後に、「検索結果を確認してみよう」ということで、
Googleの検索窓に「site:あなたのショップのURL」と入力して検索してみましたでしょうか?

今回は、
検索結果の「2.どのように検索結果に表示されているか
について考えていきます。

検索結果に出てくる青文字、黒文字はどういう仕組み!?

それでは早速、ペルソナさんの立場になって、Google と Yahoo! でそれぞれ検索してみましょう。

例えば、ペルソナさんが「来週末に、友達を家に呼んで一緒にランチを作る予定がある。手の込んだものは作れないけど、美味しくて珍しい、ちょっとしたパスタを作ってもてなしたい。本格的なパスタソースですぐ作れそうなものをネットで探してみよう。」と思って、検索しているとします。

「パスタソース 通販」で検索してみると、↓下記のような検索結果が表示されたとします。

あなたならA~Dのどれをクリックしたと思いますか?

実際のスクールで意見を聞いてみても、みなさんいろいろな意見が出てきます。
では、目線がどの順番に移動して、一番最初にどこを見て判断したでしょうか?
おそらく、

1.青文字の部分
2.黒文字の部分

太文字になっているとこからの順番でパッと見たのではないでしょうか。
・検索したワード(ここでは、「パスタソース」と「通販」の文字)が太文字(ボールド)になって表示されています。
その次に、
・「生パスタ」、「北海道」、「松阪牛」、「本場イタリア」など気になるワードで目に付いたのではないかと思います。

1.青文字の部分を、「ブラウザタイトル」と言います、
2.黒文字の部分を「meta description(メタ・ディスクリプション)」と言い

そのページの説明文という意味です。

最も重要なのは「ブラウザタイトル」

1.「ブラウザタイトル」は、ブラウザのタブ や お気に入りに登録する名前にもなります。
商品を比較検討する場合には、ブラウザの複数タブを開いて、いろいろなショップを比較したりしますよね?
そんなときにも、この「ブラウザタイトル」が重要になってきます。

また、お気に入り(ブックマーク)してとりあえず保留~となった場合にも、たくさんあるお気に入りのリストの中から見つけてもらえるかの決め手にもなりますよね。

Google の検索アルゴリズムが最近、重要視しているというのも、この「ブラウザタイトル」と言われています。
ペルソナさんにとってわかりやすくクリックしたくなる表示をしておくことが、同時にGoogle のSEO対策にもなると考えると納得がいきます。
それでは、さっそく自分のショップの検索結果の表示をチェックして、改善していきましょう。

空欄だけは絶対NG!面倒くさければ一括設定で

■MakeShop管理画面の設定ページ
MakeShop の管理画面での設定場所は、こちらからです。

【ショップ作成】>【SEO管理の設定】>【SEOの一括設定】
【ショップ作成】>【SEO管理の設定】>【SEOの個別設定】

■設定後の検索結果のイメージ

「SEO個別設定」で各ページそれぞれ書いていくのが本来ベストですが、商品点数が多かったり、入れ代わりが早いショップでは、全商品ページを1つずつ書いていくと時間もかかり、また修正する場合もまた1つずつ設定を変更する必要があるため、費用対効果も合わなかったりする場合もあるかと思います。

そんな場合には、「SEO一括設定」を使ってみましょう。

商品ページには、[product] タグを使うと、その商品名を自動で表示することができたりと効率的です。

商品ページはSEO一括設定、カテゴリーページはできればSEO個別設定、その他のページに含まれるトップページや独自ページは、SEO個別設定で設定していくことが一番の近道です。

設定画面に出てくる用語の説明とポイントをまとめました。
(SEOの事情はどんどん変わってきますので、2018年5月時点での情報です)

概要 ポイント・注意点
ブラウザー

タイトル

検索結果のタイトル部分に表示されます。

ブラウザのタブ、お気に入りに追加する時の名前にもこのブラウザータイトルが表示されます。

HTMLのタグの中でも最も重要なタグとして検索エンジンのクローラーに認識されます。

・34文字を目安に
・ページに見合った的確なタイトル
・各ページに任意のタイトル(重複タイトル防止)

メタタグ:

Description(ディスクリプション)

 検索結果の説明文に表示されます。

(入力が無い場合、クローラーがページ内のテキストから自動で表示する場合もあります)

 ・対策キーワードを含んだ説明文を設定(1~2キーワード程度で)

・ページの内容を正確にまとめる(文字数は 230~320文字文字程度で)

・キーワードだけの詰め込みはNG!自然な文章で。
思わずクリックしてみたくなるような文章に

 bodyタグ直下メッセージ  各ページ内の見出し を表示します。
(本の第1章..のようなもの)
 ・<body>タグの開始テキスト100文字目以内に<h1>タグで配置。

・対策キーワードを含めた形で10~22文字程度。
・対策キーワードはなるべく文頭に配置。
・ 全ページ共通の設定の場合には、独自デザインの上段メニュー管理で設定。

SEO設定で設定するmetaタグは、あくまでGoogleに「このページは、こういうことを書いています」と知らせるもので、そのまま検索結果に採用されるとは限りません。

Google が検索結果に表示する際の参考にとして採用され、よければそのまま表示されますが、文字数が多い少ないや内容がページと合っていない(キーワードの詰め込みなど)場合には、Googleが書き換えてくれます。

余談ですが、検索結果以外にもfacebookでショップサイトのURLを貼って、シェアする場合にも、このメタタグが表示されたりします。

ライティングのコツ

ここでは実際にどういう風に書いたら効果的かを解説していきます。

(1)「ブラウザタイトル」ライティングのコツ
ブラウザタイトルには、文字数制限もありますので、そのページに書かれているものを端的に分かりやすく書きましょう。

【例】

関娘 大吟醸原酒 1800ml(木箱入)送料無料の通販【下関酒造】

のように、「商品名」+「通販」+「ショップ名」などを端的に記載します。
全ページに共通するショップ名の部分には、
【ショップ名】、『ショップ名』 のようにカッコで囲ったり、
○○の通販 – ショップ名、○○の通販 | ショップ名 のように、「-」や「|」などで区切るといいでしょう。

(2)「メタタグ Description」ライティングのコツ
「メタタグ Description」には、ブラウザタイトルをさらに詳しく説明するような文を追加します。

【例】

鑑評会出品用 関娘 大吟醸原酒 1800ml(木箱入)送料無料など大吟醸を地元下関の酒蔵から全国へお届けする下関酒造です。1万円以上で送料無料!

のように 「商品名」+「通販、販売、ランキング、人気、ネットショップ、お取り寄せ、宅配、最短」 などを記載すると効果的です。

また、書いていて悩んだ際には、例えば食品の場合は「お取り寄せ」、ギフトなど、その商品への関与が低い場合には第三者の意見を取り入れようと「人気」「おすすめ」などのキーワードと一緒に検索するのではないだろうかなどとペルソナさんを想定して考えてみるといいでしょう。

(3)他社との差別化ポイント(USP)を訴求するコツ
ペルソナさんが他のサイトと比較して、「ここクリックして見てみたいな」と思ってもらいやすくするためのポイントをいくつかご紹介します。

送料 :5000円以上で【送料無料】
割安感 :最大40%オフ! 業界最安値に挑戦
独自性 :当店だけのオリジナル商品多数! が買えるのは当店だけ
納期 :14時までの注文で当日発送 お急ぎの場合、ご相談ください
商品数 :1000点以上の品揃え!○のことなら当店におまかせください
安心感 :30日間返品OK おかげさまで創業30年 公式通販 正規販売店 京都で65年、お電話でもご注文お受けします03-1234-1234

ターゲティング :30代の大人女子のための大人かわいいワンピース

「あなたのショップのこれは負けない!」という売りにできる部分をアピールしてみてください。

すぐに思いつかない場合は、

第一章のLESSON2 「全ての基準になるコンセプト設定」に戻って確認してみましょう。

また、ここでも他のショップはどういう表示をしているのかなと、チェックしてみていいところをTTP してみてください。

SEOチェキ!」というサイトで、URL を入力するとそれぞれのショップでどういう設定をしているかをチェックできます。

まとめ

今日は、SEO対策の中で、検索結果に表示されるタイトルと説明文について学びました。

・「ブラウザタイトル」が重要
・SEO個別設定、一括設定を 費用対効果を考えて使い分ける
・それぞれのページにあった内容をわかりやすく伝える(他のページと重複しない)
・重複コンテンツはNG
・検索順位を上げる目的よりも、「このページ見てみたいな!」と思えるような内容に(クリック率を上げる目的)
・他のショップの表示をチェックしていいところをマネる
・自分のショップ強みをアピールする

次回は、検索順位に一番影響するサイト内のページについて、学んでいきましょう。

EC運営代行サービスについて

GMOメイクショップでは、EC運営代行サービスを完全成果報酬型で承っております。
制作、集客、運営、コンサルティングなど、ECサイトに必要な全てを、お客様のご要望に併せた形でご提供致します。
商材はファッションだけではなく、雑貨、食品、化粧品など、何でも承ることができます。
メイクショップだけではなく、ASP型、パッケージなどの各種カートシステム、各種ECサイトモールに対応可能です。
「とりあえず相談してみたい!」という方は、ぜひ下記のCONTACTフォームよりお問い合わせください。

      

資料請求・お見積り無料!お気軽にお問い合わせください

記事の一覧へ

関連記事

お問い合わせはこちら