MARKETING BLOG

ネットショップ・ECサイトのお客様のニーズを第一に考える

ネットショップ・ECサイトのお客様のニーズを第一に考える

前回までのおさらいです。

LESSON3 「参考にできるショップを探そう」 では、
自分のショップにとって参考になる・真似したい競合ショップを探してきました。

LESSON4 「参考にできるショップを探そう」 では、
競合ショップを分析するポイントを解説してきました。

いったんここで整理をしてから具体的な対策に入っていきましょう。

ところでみなさんご存知ですか。現在、インターネット上には、とても多くの商品やネットショップが存在します。
日本人口は約1.2億人、国内には約200万ものネットショップがあると言われています。
そんな中で、あなたのショップが売上を上げるためには、お客様に

他店よりもあなたのショップで買ったほうが
「断然いい!」というメリットを、
コンセプトを通してサイト上でわかりやすく伝える

必要があります。

具体的な対策に入る前に、まず整理しましょう。

「うーん考えることが多すぎて、よくわからない、、」
「先生、そうは言っても、話が大きすぎて、想像が付かない、、」

いえいえ、そんなに難しく考える必要はありません。
いつもあなたがなんとなく頭の中で考えていることを整理するだけです。

何かを決めたりするときに、さまざまな図や表を使って考えを整理したりします。
具体的なまとめ方や図版をフレームワークといいます。それにあてはめて、考えを整理して、スムーズにしていくものです。
ここでもこれまでうまくいっているショップがやっていることを TTP(徹底的にパクる) していきます。

3C分析を使って「顧客」と「自社」と「競合」の関係を整理

顧客(お客様)、あなたのショップ、競合ショップ の関係性を整理してみましょう!
整理しやすいように 『3C分析』 というものを使っていきます。

3C分析とは

顧客と自社と競合の関係をイメージし、それぞれが何を考え、何が欲しいのか、何を提供できるのかなどを考え、まとめる手法です。
(要は単に 「顧客(Customer)」「競合(Competitors)」「自社(Company)」 の頭文字のCをとっただけです)

「はい。では、A4用紙に書きながら考えてみましょう!」

と言うと、
自分のショップを真ん中に書き始めてないですか?

ここでもお客さんの立場になって(なりきって)、考えてみましょう!

大切なのは、お客様第一です。

では、具体的な整理の仕方の順番と方法です。

1.お客さんのニーズをまとめる


お客さんが求めているもの(=顧客ニーズ)とは、お客さんが解決したい課題、つまり「困っていること!」です。

何に困っているのか?

・二次会に着ていくかわいいドレスがなくて、来週末までに必要で困っている

・水が欲しいけど、買いに行くと重くて困っている

など、あなたのショップのお客さん(ペルソナさん)が困っていることを書き出します。

困っていることがわからない。
そんなときは、インターネットにたくさんの「困っていること!」がまとめられたサイトがあります。どこでしょうか?

Yahoo!知恵袋
http://chiebukuro.yahoo.co.jp/

教えて!goo
http://oshiete.goo.ne.jp/

などの質問サイトに日本中の「困っていること!」が詰まっています。

ここであなたが「お客さんのニーズをまとめられなくて困っています」と質問するのではなく(笑)、あなたのショップで解決できることで困っている人の質問を調べます。

ここでのチェックが商品説明文や特集ページにも活きてきますので、ぜひチェックしてみてください。

2.競合ショップの情報をまとめる

「参考ショップを探そう」を参考に競合となるショップの情報をまとめます。
Google や Yahoo! などの検索サイトで、「1」の困っているお客さんが何を探すかを考えながら、競合ショップのサイトを調べます。
そして、チェックした点を箇条書きで構わないのでメモしておきましょう。

詳しいチェック方法(比較ポイント)は、LESSON4「競合分析」で学びましょう。

3.あなたのショップの強みとメリットをまとめる


まずは、社内やチーム内、自分自身でホワイトボードや白紙のA4用紙に自分のショップの売りや強みを書き出します。
取引先や家族、知り合いに聞くことでも、意外な面がわかるかもしれません。

余談ですが、インターネットにショップが表示されているといろいろな営業の電話がかかってくることがあります。
そんな営業の電話のセールスマンもうまく使って「うちのショップどう思いますか?」と逆に聞いてみるのもいいかもしれません。

「敵を知り、己を知れば百戦危うからず」

2500年前に孫子が説いた兵法の普通の格言の一つです。
ナポレオンも武田信玄の風林火山も中国の孫氏の兵法を参考にしたそうです。
3C分析の考え方をマスターできると、ビジネス上はもちろん人間関係や恋愛などいろんなことに応用できます。
なんだか今日は中華料理が食べたくなりました。笑

さて。最後に今日のまとめです。
お客様を第一に考えて、3C分析でお客様、競合、自社の関係を効率的に整理することで、
あなたのショップの進むべき道が見えてきます。

進むべき道が決まれば後は 実行!実行!実行のみです。

今日はここまでです。

EC運営代行サービスについて

GMOメイクショップでは、EC運営代行サービスを完全成果報酬型で承っております。
制作、集客、運営、コンサルティングなど、ECサイトに必要な全てを、お客様のご要望に併せた形でご提供致します。
商材はファッションだけではなく、雑貨、食品、化粧品など、何でも承ることができます。
メイクショップだけではなく、ASP型、パッケージなどの各種カートシステム、各種ECサイトモールに対応可能です。
「とりあえず相談してみたい!」という方は、ぜひ下記のCONTACTフォームよりお問い合わせください。

      

資料請求・お見積り無料!お気軽にお問い合わせください

記事の一覧へ

関連記事

お問い合わせはこちら