MARKETING BLOG

アパレル企業様がネットショップ運営代行会社を選ぶ時のポイント9つ

みなさま、こんにちは!ネットショップコンサルタントの三浦です。
最近、アパレル企業様へ訪問するとこんな声を耳にします。

「年間販促企画や新商品の開発に追われ、デジタルマーケができていない」
「実店舗が忙しくてなかなかネットショップの運営ができない」
「ほかの業務に追われてネットショップの集客に苦戦している」
「ネットショップの売上が年々下がってきた」

アパレル業界のネットショップ担当者は、たいがいほかの業務と兼任していてなかなかネットショップに注力できない方が多いようです。しかしながら、経営者から現場担当には「売上を伸ばしてほしい」とプレッシャーをかけられ、現場担当者が困ってしまう、といったジレンマが発生します。
アパレル業界のEC化率は2015年9.04%から2016年10.93%と順調に伸びている一方で、
現場ではネットショップのシェアを奪い合う競争が激化しています。
(経済産業省2017年4月発表「平成28年度 我が国におけるデータ駆動型社会に係る基盤整備(電子商取引に関する市場調査)」より)
アパレル業界のネットショップを取り巻く環境は、なかなか片手間で月商数百万まで売り上げを上げるほど甘い世界ではなくなりました。

そこで、アパレル企業様はネットショップの運営代行を専門業者に外注委託し、本業に注力するパターンが増えてきました。
もし、アパレル企業様がネットショップの運営代行を頼む際はなにをポイントに選んだらいいのでしょうか。9つのポイントをまとめてみました。

【アパレル企業様がネットショップ運営代行会社を選ぶ時のポイント9つ】

  1. アパレルネットショップの運営経験が豊富か
  2. ネットショップの戦略立案が構築できるか
  3. Google、Yahoo!の検索対策について知識はあるか
  4. リスティング広告の運用経験は豊富か
  5. 最新のSNS事情(instagram、facebook、twitter、LINE、tiktok、etc)について詳しいか
  6. 購買に影響があるインフルエンサーとつながりがあるか
  7. 商品撮影、商品在庫管理、受発注管理、顧客対応などワンストップで任せられるか
  8. アパレルブランドの世界観を理解したうえでネットショップのデザインができるか
  9. 費用は固定型か成果報酬か

ネットショップの運営代行を依頼する際、どの業務に注力して成果をあげてほしいか、
明確にしましょう。アパレルが得意な企業、SEOに得意な企業、広告が得意な企業、デザインが得意な企業、ブランディングが得意な企業と企業によって強みが異なります。複数の企業に問い合わせ、比較検討してみてください。
費用は成果報酬型をおすすめします。アパレル企業様とネットショップ運営代行会社が運命共同体となるのでお互い成果を出そうと協力関係を築けます。

【ネットショップ運営を外注委託するメリット】

ネットショップ運営を外注委託するメリットは3つあります。

  1. ネットショップ運営が得意な会社に委託し、アパレルメーカーは新商品の開発や販促企画、営業に注力できる
  2. 定期的なレポーティングで自社にノウハウがたまる
  3. 運営の効率化がはかれる

ネットショップの運営は商品撮影、戦略立案、リスティング広告、SNS運用、WEBデザイン制作、商品管理、受発注管理、顧客対応と奥が深く、各分野で専門知識が必要です。
「若手のスタッフが多く、デジタルマーケティングのノウハウが薄い」
「新商品の開発に注力したい」「ブランディングを保ちながらネットショップの売上をあげたい」といったアパレル企業様はぜひネットショップの外注委託を検討しましょう。

fulloutsourcing for fashionについて

GMO MakeShopでは、ネットショップ運営代行サービス「fulloutsourcing for fashion」を提供しています。
こちらに書いている内容は一部となりますが、より細かい内容が知りたいといった方は、ぜひお問い合わせフォームからお気軽にご質問ください。

SERVICE https://www.fulloutsourcing.jp/service/

資料請求・お見積り無料!お気軽にお問い合わせください

03-6632-9149

10:00~12:00/13:00~18:00
(土日祝休)

記事の一覧へ

関連記事